常日頃からのシャンプーについて考える

3月 26th, 2014 by | Print
発毛促進対策として大事なのが、普段からのヘアケアです。

ヘアケアと言えば、常日頃からのシャンプーについてよく考えることが大事です。

わりと忙しい人なんかでしたら、シャンプーが雑になりがちです。

発毛を考える上でも、将来的な脱毛を防止する上でも、シャンプーを疎かにしないということは、とても大事なことです。

まずシャンプーの仕方を考えてみたいと思います。

よく爪を立ててガリガリ掻いてしまうという人がいますが、これでは汚れも落ちにくいですし、頭皮を傷付けてしまうことがあります。

正しい洗い方ですが、指の腹や手の平を上手に使って、ゴシゴシとよく洗うようにして下さい。この時は特に満遍なく全体を綺麗に洗うように意識してください。この時使用するシャンプーも重要です。

シャンプーに配合されている成分によっては、頭皮に良くないものが使われていることがあります。

特にリンスインシャンプーなどは、頭皮に良くない防腐剤などが含まれていると言われています。

これはシャンプーだけでなく、発毛剤なども同じことですが、防腐剤が使用されている場合、アルコールが含まれており、このアルコールが頭皮ににダメージを与えてしまうことがあります。

アルコールを頭皮につけてしまうと、特に乾燥肌の方なんかは、頭皮の水分が失われてしまって、保湿性が悪くなるだけでなく、これによって毛穴が余計な脂を出してしまいますので、毛穴が詰まってしまいます。

こういった負の連鎖を引き起こしてしまうこともありますので、可能であれば無添加・無香料のものを使用するのが良いでしょう。